ブログ

それって、本当に「絶対できない」ことですか? 2021/02/15

最近、1日に2鞍
ウェスタンとブリティッシュ両方のレッスンを
受けられる方が増えてきました。

皆さん、初めてウェスタンのレッスンを受けると
片手で手綱を持つことや
ルーズレーンで乗ることに対して
緊張したり不安になったりされるようで

そんなことを、レッスン前に
あるお客様とお話ししていましたら

片手でも大変なんだから
「両手を放して乗るなんて絶対できない!」と、
その方がおっしゃるんですね。

危なくて本当にまだ出来ないことを「できない」と
おっしゃる場合には、
「そうですよね」と素直に同調する私ですが

この方なら出来る、という方から
「絶対できない」というセリフが飛び出してくると

フッフッフ。
実は、◯◯さんなら出来るんですよ〜。
今日のレッスンはそれトライしてみましょうか〜、と

口には出しませんが
密かに、ハートに火がついてしまうんですよね。

あ、でも
闇雲な挑戦はなさらないでくださいまし。
危ない場合には、決してトライ致しませんので。

その日のレッスンでは
危なくないように常歩から段階を追って

両手とも手綱を持たずに、
なおかつバランスを崩さずに
軽速歩や正反動の速歩ができるところまで到達しました。

「卵が先か、鶏が先か」という話になりそうですが

馬の上でバランスが取れないと
身体が緊張して
手に力が入ってしまう。

だけど逆のバージョンもあるなぁ、と感じています。

本当は、バランス良く乗れる身体使いができるのに
手綱を持つ手に力が入ると
身体全体の姿勢や緊張度に影響が及んでしまって
バランス良く乗ることができない。

本当は、バランス良く乗れる能力を持っているのに、です。


(あ、これはイメージ画像ですよ!)

だから、そういう方の場合は
手を放してもバランスが取れることを体感されると

手綱を持ってもその乗り方を再現出来るようになってきますし
正反動でも手がブレなくなってきます。

この日のお客様は
「『絶対できない!』と思ってたのに出来た〜!!」
と喜んでくださいました。

ウェスタンとブリティッシュ、
両方習うからこそ得られることもあるようです。
(↑しっかり受け止めて❣️これは宣伝ですよ!😁)


2021-02-15 | Posted in ブログComments Closed