【誰でも参加OK】座骨で馬に乗るための講習会 足編ー2024年6月

 

⭐️こちらの講習会にご参加される方は、事前に【座骨で馬に乗るための講習会 Basic編】の受講をお願い致します。

「馬が動いてくれない」
このお悩みには、足が深く関係していると、最近 思うようになりました。

ただし、「足」であって「脚(きゃく)」ではありません。

私達のクラブには、モモコという名前のサラブレッドの芦毛の牝馬がいます。
とても「サラで芦毛で牝馬」だとは思えないような、肝のすわった馬です。
だからといって、決して人に対して反抗的なわけではありません。
むしろ基本的には、真面目で素直です。

そんなモモコが、レッスンで動くか動かないか。

その差は、乗り方にあるんじゃないか。
悩みながら手探りで色々なことを レッスンの中で試行錯誤してきた結果、そういう結論に到達しました。

「乗り方」と言ってしまうと、あまりに広範囲で漠然としていて、分かりにくいですよね。
すみません。

でも、まさに乗り方なのです。

・手綱を強く持ちすぎている?
・脚の強さが足りないんじゃないか?
・鞭が弱いのかな?
・気迫が足りない?

いえいえ、そういうことではなく、これら以前にまず第一に「馬に乗っかっている」か、それとも「馬を跨いでいる」のか。

そこの違い!と思うのです。

皆さんも、たぶん1回は乗馬の「基本姿勢」の図を見たことがあると思います。
「ああいう姿勢で乗ればいいのか」と、頭とお尻と踵の位置を意識したりすると思います。

でも目で見て得られた情報からは、その乗り方が出来たときに

・どんな感覚が得られるのか
・馬の動きに、どんな影響が出るのか
・扶助の効き方までもが変わってくる!
ということまでは、残念ながら感じ取れないものです。

今回は、その感覚を体感して頂きたいなと思っています。

ライダーが自分の背中に「乗っている」のか「跨っている」のか、モモコは実に敏感に察知します。
そして「乗っている」状態だと、速歩発進はおろか、場合によっては常歩もしなくなります。
【座骨で馬に乗るための講習会】の【Basic編】では、座骨から頭までのバランスを手に入れることが目標です。

今回の【足編】は【 Basic編】を土台として、足の構造・足と上半身との関係を理解して、馬に跨がれる身体の使い方を手に入れることを目的としています。

跨がれるようになった時、馬がどれだけ変わるのか!ご自身で体験してみてください。

 

🔵開催日時

2024年6月2日(日) 10:30〜12:50

 

10:30〜 座学

①前回の内容をサラッと確認します。
②足の構造・足と上半身との関係について解説します。
③「乗る」ことと「跨る」ことの違いを体験します。

11:30〜 騎乗

実際に馬に乗って、馬やご自分の変化を体験してみましょう。

 

🔵定員:4人

🔵アクセス

・西船橋より無料送迎あり
(行き:西船橋9:10発/帰り:クラブ13:00頃発)
・東関東自動車道 酒々井ICより約15分

 

🔵参加費

13,200円(税込)

 

⭐️イベント中のお写真をブログ・インスタ・フェイスブック等の投稿に掲載させていただく場合がございます。
掲載がNGの方は、事前にお知らせください。

⭐️午前中は講習会開催のため、ブリティッシュのレッスンはお休みさせていただきます。
ウェスタンのレッスンはご予約いただけます。

 

⭕️お申し込み方法

LINEまたは下記の電話・メールより、「座骨講習会希望」とご記入の上、下記についてお知らせください。
①お名前
②お電話番号
③西船橋送迎ご利用の有無

LINEからのお申し込みはこちらをタップしてください。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

講習会に参加する

ファーム・クラインガルテン
西船橋から送迎で通える千葉県富里市の乗馬クラブ
水・木曜定休
☎︎ 080−1355−9272
メールアドレス farmkleingarten@gmail.com